札幌軟石ネットワーク



更新履歴>

2019.12.14  大谷石の産地で「石のまち宇都宮シンポジウム」が開催されます。

2019.8.31  「いしやまキャンドルナイト」が開催されました。

2019.4.28  支笏湖ビジターセンターで「二つの遺産展(札幌軟石・山線鉄橋)」開催されました

2019.4.27  旧石山郵便局(ぽすとかん)リニューアルオープンしました

2019.4.20  小樽市総合博物館の軟石展は終了しました。

2019.2.10      「札幌軟石」北海道遺産選定記念展示を行いました

2018.12.16  ホームページをリニューアルしました

2018.11.01 「札幌軟石」が北海道遺産に選定されました

 

大谷石の産地で軟石シンポジウム

宇都宮は大谷石の文化が今も受継がれており、平成30年度に日本遺産に認定されました。それを記念し、12月14日に全国の石文化に携わる関係者が宇都宮に集い、各地の軟石自慢や活動紹介を行います。また、当日の基調講演には建築家で、建築探偵団や路上観察学会で活動された藤森照信東大名誉教授も訪れます。翌日15日には、宇都宮市内を巡るエスカーションも予定されています。

「いしやまキャンドルナイト」が開催されます

■いしやまキャンドルナイト

 札幌軟石の採石場跡地を、公園として整備した石山緑地において、地域の活性化と東日本大震災の被災者支援を目的に、1個100円のキャンドルを参加者に購入して頂き、その売り上げの全てを震災被災地へ寄付するという、温かく、光に満ちたイベントです。

 ■会場

 札幌市南区石山78番地「石山緑地」

 ※駐車場が狭いため、公共交通機関

  でお越しください。

  地下鉄真駒内駅から、じょうてつ

  バス「石山中央」下車。

■開催日

  令和元年(2019年)831日(土)

 ※大雨の場合は中止

■主催

   いしやまキャンドルプロジェクト 


支笏湖ビジターセンターで「二つの遺産展」

昨年11月、4万年前に支笏湖で誕生した「札幌軟石」は北海道遺産に、支笏湖に現存する北海道最古の鉄道喬として「山線鉄橋」が土木遺産にそれぞれ認定されました。

これら支笏湖とのつながりが深い二つの遺産を紹介するパネル展を3週間、支笏湖ビジターセンター内で開催しています。

 

 

[会 期]

 4月28日(日)~5月19日(日)

 ※最終日は16:00まで

[場 所]

   支笏洞爺国立公園

 支笏湖ビジターセンター :多目的室

[主 催]

 札幌軟石ネットワーク

(一財)自然公園財団支笏湖支部


「ぽすとかん再生プロジェクト」

札幌軟石の里、石山地区にある「ぽすとかん(旧石山郵便局)」は、地元有志によって軟石の歴史を伝えるミュージアムギャラリー&カフェとしてリニューアルオープンしました。

[場  所]札幌市南区石山2条3丁目

[オープン]4月27日(土)10:00

定 休 日]毎週月曜日

      第2・第4火曜日

[概    要]

  ・札幌軟石を紹介するギャラリー 

  ・カフェの営業・軟石グッズ販売 


小樽市総合博物館で軟石展

 

小樽市内の景観にとって重要な要素である石造建築物と、その石材として使用されているの軟石の特徴や採石の歴史について、小樽市総合博物館の企画展で紹介されています。

[会期]2019年4月20日〜6月23日

[休館日]火曜日

 4月30日は開館、5月8日(水)振替休
[時間]9:30〜17:00
[会場]本館・企画展示室
[料金]入館料のみ
[主催]小樽市総合博物館

[協力]小樽市総合博物館友の会

    小樽軟石研究会

[お問い合わせ]

  小樽市総合博物館 

  TEL  0134-33-2523

 


「札幌軟石と北の石文化展」終了しました。

 札幌軟石が北海道遺産選定されたことを記念し、軟石にゆかりのある「札幌市資料館(旧控訴院)」で 展示会とセミナーを開催しした。

 


「札幌軟石」が北海道遺産に



明治後期の札幌軟石の切出し工程を再現したジオラマ

(現在、札幌市資料館にて展示中)